海外医科大学事務局海外医科大学事務局

パラツキー大学PALACKY UNIVERSITY

大学の特長

大学の特長

履修科目詳細

履修科目詳細

募集要項

募集要項

大学の特長

「教育」「研究」「医療」を担うチェコの地域中核医療機関で学ぶ。

パラツキー大学医学部の前身は1778年の設立ですが、さまざまな変貌をとげ現在の医学部及び歯学部として戦後に再形成されました。
1957年から1996年の40年間で、ドイツ、ギリシャ、イスラエル、ヨルダン、韓国、クウェートなどから450人の医学生を医師として輩出してきました。
留学生の増加に伴い、1993年に英語の医学部プログラムを設立。現在では、EU 各国から多くの留学生を受け入れています。 医学部と歯学部には44の学科、750人の教授、講師、スタッフが勤務しており、2,500人の学生が医療関連学部に在籍しています。


1学年から基礎医学を学習し、あらゆる医学の専門分野に必要とされる基礎知識を身につけ、3 学年からの臨床医学で、病気の診断や治療における専門知識と基礎技術を取得します。医療現場における医師としての人間性や患者中心の医療のあるべき姿勢も学びます。
近年、世界各国からの入学志望者が急増しており、東欧でも人気のある医学部の1つになりつつあるのが特徴です。施設面でも学生寮やカフェテリアが整備されており、留学生にとっては好環境です。

[ 教育/研究/医療 ]を担う
チェコの地域中核医療機関で学ぶ。

パラツキー大学医学部の前身は1778年の設立ですが、さまざまな変貌をとげ現在の医学部及び歯学部として戦後に再形成されました。 1957年から1996年の40年間で、ドイツ、ギリシャ、イスラエル、ヨルダン、韓国、クウェートなどから450人の医学生を医師として輩出してきました。

留学生の増加に伴い、1993年に英語の医学部プログラムを設立。現在では、EU 各国から多くの留学生を受け入れています。
医学部と歯学部には44の学科、750人の教授、講師、スタッフが勤務しており、2,500人の学生が医療関連学部に在籍しています。


1学年から基礎医学を学習し、あらゆる医学の専門分野に必要とされる基礎知識を身につけ、3 学年からの臨床医学で、病気の診断や治療における専門知識と基礎技術を取得します。医療現場における医師としての人間性や患者中心の医療のあるべき姿勢も学びます。
近年、世界各国からの入学志望者が急増しており、東欧でも人気のある医学部の1つになりつつあるのが特徴です。施設面でも学生寮やカフェテリアが整備されており、留学生にとっては好環境です。

カリキュラム

国際社会に通用する医師、医学研究者を目指せる医療施設と教育体制。

パラツキー大学医学部の特徴は、小規模ながらも質の高い医学部教育にあります。
カリキュラムは、大きく3つに分かれ、最初は、自然科学や生物の知識を習得しながら、人体の構造や機能を学びます。
次に、症例やその構造、機能的側面及び病気の原因や治療の基本を学びます。検査方法やカルテの記録の方法もここで学びます。 最後に、臨床科目を勉強します。6年目の1年間を病院の実習に費やします。4回の試験を経て卒業となります。


施設面では、図書館やコンピュータの導入にも力を入れており、校舎のあらゆるところでコンピュータを利用することができます。
また、数年後に大規模な校舎の増築を計画中で、世界的に高まりつつある医学教育ニーズに対応できるよう最先端の施設の導入を計画しています。

国際社会に通用する医師、医学研究者を目指せる
医療施設と教育体制。

パラツキー大学医学部の特徴は、小規模ながらも質の高い医学部教育にあります。

カリキュラムは、大きく3つに分かれ、最初は、自然科学や生物の知識を習得しながら、人体の構造や機能を学びます。
次に、症例やその構造、機能的側面及び病気の原因や治療の基本を学びます。検査方法やカルテの記録の方法もここで学びます。
最後に、臨床科目を勉強します。6年目の1年間を病院の実習に費やします。4回の試験を経て卒業となります。


施設面では、図書館やコンピュータの導入にも力を入れており、校舎のあらゆるところでコンピュータを利用することができます。
また、数年後に大規模な校舎の増築を計画中で、世界的に高まりつつある医学教育ニーズに対応できるよう最先端の施設の導入を計画しています。

大学/付属病院

1,430床の地域中核病院。充実した医療施設で教育、実践。

1,430 床を有し、28 診療科、3,000人(内600 人医師)の医療スタッフが働く大学病院。
年間50万人以上の治療を行い、うち4万人の入院患者に、心臓外科手術、神経放射線手術、骨髄移植を含め、癌の治療や血液治療などを行っています。
CT、MRI、PET/CT、ガンマ線カメラ、血液造影装置、電気眼振計、レチナール断層撮影装置といった先端医療設備が設置されており、世界の医療人として、高度で実践的な臨床実習ができるよう教員、職員が常に連携しています。


教育、研究及び診療の場であるとともに、地域の中核医療機関として、各専門分野の豊富な知識と最新の医療機器による高度な医療技術を駆使して患者の治療を実施し、積極的に地域医療に貢献しています。

1,430床の地域中核病院。充実した医療施設で教育、実践。

1,430 床を有し、28 診療科、3,000人(内600 人医師)の医療スタッフが働く大学病院。 年間50万人以上の治療を行い、うち4万人の入院患者に、心臓外科手術、神経放射線手術、骨髄移植を含め、癌の治療や血液治療などを行っています。

CT、MRI、PET/CT、ガンマ線カメラ、血液造影装置、電気眼振計、レチナール断層撮影装置といった先端医療設備が設置されており、世界の医療人として、高度で実践的な臨床実習ができるよう教員、職員が常に連携しています。


教育、研究及び診療の場であるとともに、地域の中核医療機関として、各専門分野の豊富な知識と最新の医療機器による高度な医療技術を駆使して患者の治療を実施し、積極的に地域医療に貢献しています。

大学近郊での滞在/住環境

大学寮の滞在は、基本的に1年目は相部屋になりますが、2年目以降は個室を持つことができます。
2 人部屋が基本で、リビング、バスルーム、台所、冷蔵庫、インターネットLAN、電話(受信専用)を共同で使用します。
食事は、昼食と夕食はカフェテリアで1食が1ユーロ(約165円)と格安です。寮内には自習室や洗濯ルーム、レクリエーションルームなども完備しているので快適に寮生活を送ることができます。

タイプ 寮(1年目は相部屋)
食 事 カフェテリア 又は 自炊
費 用 100~130ユーロ/月