海外医科大学事務局海外医科大学事務局

プレーベン医科大学MEDICAL UNIVERSITY - PLEVEN

大学の特長

大学の特長

履修科目詳細

履修科目詳細

募集要項

募集要項

大学の特長

45ヶ国から生徒を迎え入れ、医療や健康管理のプロを育てる。

プレーベン医科大学は、発展と進化を遂げ続けている優れた医科大学の一つです。
学部は、医学部、公衆衛生学部、健康管理学部、そして薬学部からなり、1974年に設立以来40年間プレーベン市営病院と共同で医療のプロを育てることに従事してきました。 校訓である「NON SIBI SED OMNIBUS( 自身の為でなく皆のために)」の精神をもち、21世紀の医療の課題に立ち向かうことができる医療のプロを育成しています。


45ヶ国から様々な生徒たちが入学し、文化の多様性を推進しながら医療や健康管理の知識を習得しています。そして、医療の専門家としてヨーロッパで認められる資格を得て卒業していきます。 現在では、860人以上の外国人留学生が卒業し、ヨーロッパだけではなく世界中で医師として活躍し、さらなる発展を遂げています。
大学には、教育及び治療施設、最新の臨床施設、そしてベッド数が1,000床以上になる大学附属病院の他に、医療ロボット技術や心臓病治療など多くの専門性の高い診療所との医療研究チームを保持しています。
州から自治権を認められたブルガリアの正式な教育機関であり、ブルガリア医療の中で、指折りの教育機関として証明され、国際的にも、そして身近にも急速に変化していく環境に対応するための技術と知識を身に着けることができる学習環境を提供しています。

45ヶ国から生徒を迎え入れ、
医療や健康管理のプロを育てる。

プレーベン医科大学は、発展と進化を遂げ続けている優れた医科大学の一つです。
学部は、医学部、公衆衛生学部、健康管理学部、そして薬学部からなり、1974年に設立以来40年間プレーベン市営病院と共同で医療のプロを育てることに従事してきました。 校訓である「NON SIBI SED OMNIBUS( 自身の為でなく皆のために)」の精神をもち、21世紀の医療の課題に立ち向かうことができる医療のプロを育成しています。


45ヶ国から様々な生徒たちが入学し、文化の多様性を推進しながら医療や健康管理の知識を習得しています。そして、医療の専門家としてヨーロッパで認められる資格を得て卒業していきます。 現在では、860人以上の外国人留学生が卒業し、ヨーロッパだけではなく世界中で医師として活躍し、さらなる発展を遂げています。


大学には、教育及び治療施設、最新の臨床施設、そしてベッド数が1,000床以上になる大学附属病院の他に、医療ロボット技術や心臓病治療など多くの専門性の高い診療所との医療研究チームを保持しています。
州から自治権を認められたブルガリアの正式な教育機関であり、ブルガリア医療の中で、指折りの教育機関として証明され、国際的にも、そして身近にも急速に変化していく環境に対応するための技術と知識を身に着けることができる学習環境を提供しています。

カリキュラム

最先端の『内視鏡遠隔治療センター』に優秀な臨床免疫学者が集まる。

授業を担当するのは24学科から教育経験豊富な教授80人と助教授300人です。そのほとんどが国内はもとより国際的に科学や医療の分野で活躍しており、研究論文も出版しています。医学部プログラムとそのカリキュラムは教育論と方法論に関わる特別な委員会によって毎年更新されています。
大学内にある施設は100部屋以上を有し、その中には講堂、セミナールーム、研究室が含まれます。さらに、大学病院には講義室が設置されています。


論理的な講義、小グループでの実践的指導、そしてセミナーなどの様々な最新の教授法が授業の中に取り入れられています。
加えて、学生は各学科で実施されている課外活動に参加を許されています。研修、実習のグループは基本的に最大8人までとし、解剖の実習などでは実際の体を使い、専用の部屋で実施されています。

最先端の『内視鏡遠隔治療センター』に
優秀な臨床免疫学者が集まる。

パラツキー大学医学部の特徴は、小規模ながらも質の高い医学部教育にあります。

授業を担当するのは24学科から教育経験豊富な教授80人と助教授300人です。そのほとんどが国内はもとより国際的に科学や医療の分野で活躍しており、研究論文も出版しています。医学部プログラムとそのカリキュラムは教育論と方法論に関わる特別な委員会によって毎年更新されています。
大学内にある施設は100部屋以上を有し、その中には講堂、セミナールーム、研究室が含まれます。さらに、大学病院には講義室が設置されています。


論理的な講義、小グループでの実践的指導、そしてセミナーなどの様々な最新の教授法が授業の中に取り入れられています。
加えて、学生は各学科で実施されている課外活動に参加を許されています。研修、実習のグループは基本的に最大8人までとし、解剖の実習などでは実際の体を使い、専用の部屋で実施されています。

大学/付属病院

医療ロボットの導入や心臓病治療センターなどの最新医療。

プレーベン医科大学の附属病院は、1,000床を有し、ブルガリアの医療の中心的一役を担っています。
特に、ロボット手術専用のテレコミュニケーション内視鏡センターが2007年に設置され、センターには講堂と実験手術室があり最新のテレコミュニケーションや内視鏡のバーチャル自主学習室とつながっています。


この施設は東ヨーロッパでも初めて導入されたもので、ロボットとコンピューターサイエンス技術が医療に適応されたおかげで、外科手術の遠隔操作が可能になりました。また同年には、心臓病治療センターも設立され、ヨーロッパを代表する心臓病の権威を揃え、EU のEuropean Cardiology Society が設置した基準の中でも最もレベルの高い心臓病の治療を行っています。

医療ロボットの導入や
心臓病治療センターなどの最新医療。

プレーベン医科大学の附属病院は、1,000床を有し、ブルガリアの医療の中心的一役を担っています。
特に、ロボット手術専用のテレコミュニケーション内視鏡センターが2007年に設置され、センターには講堂と実験手術室があり最新のテレコミュニケーションや内視鏡のバーチャル自主学習室とつながっています。

CT、MRI、PET/CT、ガンマ線カメラ、血液造影装置、電気眼振計、レチナール断層撮影装置といった先端医療設備が設置されており、世界の医療人として、高度で実践的な臨床実習ができるよう教員、職員が常に連携しています。


この施設は東ヨーロッパでも初めて導入されたもので、ロボットとコンピューターサイエンス技術が医療に適応されたおかげで、外科手術の遠隔操作が可能になりました。また同年には、心臓病治療センターも設立され、ヨーロッパを代表する心臓病の権威を揃え、EU のEuropean Cardiology Society が設置した基準の中でも最もレベルの高い心臓病の治療を行っています。

大学近郊での滞在/住環境

寮は、Medic1とMedic2という2つの建物からなり、計385ベッドを有しています。
Medic1は大学近くに位置し、Medic2は郊外にあります。1人部屋から3人部屋のタイプまでありバス・トイレと床暖房が各部屋に完備されています。
食事は、寮近くの大食堂を格安の値段で利用する事が出来ます。
その他にも寮や病院の周りには様々なファーストフード店があり生活には大変便利です。また入寮は強制ではなく、アパートで暮らすことも可能です。
アパートは値段が高くはなりますが間取りが多く、より快適な空間を確保することが出来ます。

タイプ
食 事 自炊
費 用 70~80ユーロ/月