医学部留学・海外医学部は海外医科大学事務局

大学説明会情報
医学部大学紹介
資料請求
資料請求・説明会予約

現地コーディネーターより

| チェコ | ブルガリア | スロバキア |

渡辺 隆行(現地アドバイザー)
パラツキー大学哲学部日本科 日本語講師

私は、パラツキー大学で日本語講師をしている渡辺といいます。
パラツキー大学には、1993 年に哲学部に日本語専攻が設置され、現在では100人以上の学生が在籍しています。
日本科では、学生を中心にした「日本クラブ」という日本文化紹介のための組織があり、学期中は毎週、日本映画の上映会を行っています。
また、毎年春には「日本の春」という一般の市民も対象にしたイべントで、講演やワークショップ、コンサートを開催しており、大切な交流の場となっています。

医学生は、毎日勉強で忙しいと思いますが、チェコ語の習得も必要になるかと思いますので、ぜひ、この「日本クラブ」を通してチェコ人学生と交流を図りながら、チェコの文化やチェコ語に触れるよい機会にして頂ければと思います。
オロモウツは、プラハと違って、外国人ずれしたチェコ人が少なく、こちらが外国人であってもチェコ語で話しかけてくれる人が多いので、チェコ語を身に付けるのにも絶好の場所であると思います。

皆さんとオロモウツでお会いすることを楽しみにしています。

高木和 広之(現地コーディネーター)
プレーベン医科大学医学部 医学生

医学部留学を目指す方々は年齢、出身地、性別問わず、本当に様々です。
ただそんな方々に共通していることは、“ 医師になり患者さんを助けたい” という大きな夢を持っていること。この夢を叶えるために、人生を掛けて海外で医学を学んでいます。一方、多くの方が夢半ばあきらめているのも事実です。
しかしもし医師になる強い思いがあれば、アドバイスできる部分があるかもしれません。

私自身、医師になる夢を諦めず持ち続けています。自分の夢を諦めず、隠さず、自分に嘘をつかず、後悔しない人生を歩んで下さい。
もし目指す道が同じで、縁あって出会う日があれば、心の底から応援させて頂きます。

いつの日か、皆さんに会う日を楽しみにしております。

ピーター・ボホフ(現地コーディネーター)

私は、スロバキアで学生のサポートをしているスタッフ代表のピーター・ボホフといいます。
私以外にもコメニウス大学で日本語を学び日本での留学経験のある卒業生らがビザの手配や引率など学生のサポートをしています。

私自身、高校時代に日本とヨーロッパとの留学プログラムに参加し高校生活を日本で過ごしました。 その後、時を経て更に日本に関して学習したいという強い思いから、日本の大学に再度留学し、様々な日本の方との交流を通じて、それ以来、スロバキアに来る日本人の方々のサポートをしています。
空手にも大変興味があり、スロバキアで指導しているほか、例年何度か修行や交流会で日本を訪れています。 現在は、ラーメンなど日本の食文化をスロバキアに広めたいと思い、ラーメンショップや日本食店の誘致にも力を入れています。

スロバキアのコメニウス大学に入学され、学業面だけではなく、日本の文化とスロバキアの文化の交流の懸け橋となって下さい。

資料請求 大学紹介WEB
予備コース 予備コースログイン